The start of the new era.
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

初全国ツアー初日
ジャニーズワールド感謝祭も今日で終わり、
自分は結局1回しかいけてないのだけど 
これで今年のジャニーズワールドは終わったのだあと思ってます。
来年もあるみたいですけどね。貯金とは。

知念くんと聡くんが絡んだときいて、その現場をみてもないし
まして同じ空間にいてわけではないけどとてもうれしいです。
嬉しいなあ可愛いなあと思いながら、コンサートをみたり
レポを追ったりすることの、なんて幸せなことか。


3月26日のSexyzoneの初全国ツアーの初日
聡くんがいませんでした。
続きを読む >>
山田くんと健人くん

すごく言いがかりを言います。

自分のために自分が受け取ったものだけで
自分なりの言いがかりをいいます。

いろいろ思うとこあって考えてて考えすぎて
どうでもよくなって好きにしろよ!って
なってきたけど、今後も同じことで同じように考えるなら
今まとめとかねばと思います。

別にまとめる必要はないのですけどね!

続きを読む >>
2013年
 あけましておめでとうございます
もう年明けて15日がたちますけれどはい。

1月3日にセクゾンの新春魂にいってきました。
年末年始実家帰省しなかった親不幸な娘でしたので
親族より先にジャニーズに会う形になった2013年。
それはそれで満足ですけれども。たまには。

3日のコンサートにもなにか、ん?と
感じたことがあって、それを噛み砕いて整理して
自分のために自分の言葉で残しておこうと考えていたとき
横アリでおこなったオーラスに北斗と高地くんがきて

「アンコール 4人でセンステでララリラ」

というレポの言葉を目にしたとき、ああと思いました。
自分がはいった公演ではないけれど、
なんか素直にまとめておこうかなと思いました。
続きを読む >>
2012年
 2012年のヲタク的な要素を振り返ってみようかと。
自分のために。楽しかった!1年を!かむばっく今年の夏。

02.12 Sexy zone Firest Concert 2012
04.01  Sexy zone アリーナコンサート 2012 1部
       Sexy zone アリーナコンサート 2012 2部
08.15  SUMMARY 2012@梅田芸術劇場
09.01  SUMMARY 2012@TDC
11.14  JUHNNY’S World

現場的にはこれしか言ってないのだなあと。
これしかってもう感覚おかしいのだろうけど。


大学にはいって独り暮らしはじめて、金銭的にも
まあ高校時代よりも余裕ができたけど
JUMPに対して現場にいくほどのなにかを迷ってるときに
セクゾンにはまって、近くに一緒に薔薇革命に巻き込まれた子がいて
それはそれはとても楽しい1年だったなあと思います。


東京にいくたびにいろいろ観光をするので
お金がなくなってくのだろうなと思いますね反省ですね。


今年はグループ全員そろうって大切なのだなと感じました。
受験生が二人もいたこともきっと少なからず原因なのだとは
思うのだけどえび座のDVDに風磨がうつらなかったことが
ちゃんといるときは全力で仕事してたのに形に残るときに
なかったものにされてしまうことがあるのだと
そういうことがあって、少クラで聡がいなかったこともあって
先日発表された春高サポーターでは聡マリがいなくて
全員で仕事するって大切なのだなと思いました。
形に残る残らない以前に。

来年は5人で楽しくて楽しくてという雰囲気に
ファンを巻き込むパフォーマンスがみたいです。
今年も十分楽しかったけど!!!


とりあえず、風磨くんと聡くんはそろそろ散髪どうかな。

            
どうにもこうにも難問ばっかり everytime
 先日の少年倶楽部スペシャルをみました。

知念くんから降りることもできなくて
でも今年現場にいった数はSexyzoneのほうが多くて
それでも昨日のMステのJUMPをみて
好きだなと実感したり、まあふらふらしている中で
最近は聡くんを追っています。

あまりカメラにぬかれることはない子を
勝利のあいだから、健人のあいだからみて
それはもうほんとに勝手に、かっこよくなったねとおもってます。

無意識に聡をみてることもあってこれはもしやと思ったり、
やっと知念くんが合法な歳になったのになぜと
複雑な気になったり、勝手に忙しい年末をむかえています。


でも少年倶楽部では聡でも勝利でも、それこそ健人でもなく
風磨を追いました。

Sexyzone結成当時からあぶなっかしい子で
全然笑わないこともあったし
それこそ同じ時期頑張っていた、バカレア組のような
パフォーマンスを一緒にやりたいのだなこの子は。と
勝手に気をもんでいた時期もありました。

けど夏のサマリーをみて、今回のジャニーズワールドをみて
やるべきことはきちんとやったうえで、Sexyzoneのことも
考えたうえで、それこそ北斗や樹のような好きな子たちに
受け止めてもらえるならそれでいいじゃないかと思いました。

先週のwebの更新でもいまだにSexyzone以外の子と
遊んだことを報告してくれ
俺は楽しくないとこでは笑えないということを
こちら側に提示してきたりもしましたが
それでもSexyzoneのことを考えてるのだからと思いました。

でも今回の少年倶楽部はほんとうに笑わなかったし
ダンスも全然おどっていなかったし
あげく曲中に髪の毛までさわりだしどうしたものかと思いました。

勝手にこちら側が気をもむのも自由だけど
それで話が大きくなるのもあまりに無責任な行為だと思います。

なにがあったのかは全くわからないし
今まで散々披露してきたセクサマにこの期に及んで
なにがあったのかとも思います。

今までもたくさんこっちが心配することもあったし
風磨がのぞんでるパフォーマンスじゃないのも
よくわかってるけど、それでも今回はみていてつまらなくなるほどでした。

どうしたの?レベルじゃなくて。

また後ろのマリ含め、他の4人がかわらずキラッキラしてるし
そこを売りにしてるグループだから
ほんとうに目立つねこの子はと思いました。

自分の素をなくしたくないのはわかるのだけど
そこを売っていきたいのもわかるし、そのキャラつけは
とてもよいと思うのだけど
それでも「素の自分」というキャラをつくることが大事だと。
ステージのキラキラ感に素の自分が飲み込まれるのが
怖いという発言を何度がみてきたけど
それでも素の自分というキャラと本当の素の自分を
一刻もはやく使いこなせるように。

独善的な子だし、まわりを寂しくさせる子だと思うけど
それでもいい子だね、賢い子だねとこちら側に思わせてくれるように。
つらつらと。
 誰に宣伝するわけでもなく。

Sexy zoneが好きで、
ときおり思うことがあるので
それを思ったままに書いていけたら。

Sexy zone内に担当はおりません。